ホーム > 調査・研究 > 研究活動 > チェンジマネジメント

研究活動

全て
  • グローバル人材マネジメント
  • タレントマネジメント
  • ミドル
  • チェンジマネジメント
  • キャリアマネジメント

チェンジマネジメント

チェンジマネジメント3

画一性や効率が競争優位となる「工業社会」から独創性やスピードなどが競争優位に直結する「脱工業社会(知識社会)」に変化する中、多くの企業で変革が求められています。しかし組織変革に取り組んでいる企業のうち、狙った成果を上げている企業はわずかに過ぎません。変革を日常的に起こせるような「自らを変革できる組織能力」をいかに築けばよいのでしょうか?

- フォーラム
【第4回HITOフォーラム「チェンジマネジメントの未来」】
第1部前半: 変革し続ける組織を実現するための人材マネジメントのあり方

2014.01.31

画一性や効率が競争優位に直結する「工業社会」から、独創性やスピードなどが競争優位となる「脱工業社会(知識社会)」に変化するなか、多くの企業で変革が求められています。
では、変革はいかにして実現すれば良いのでしょうか?またどのような変革が求められているのでしょうか?

HITO総研では、2014年1月10日(金)に『チェンジマネジメントの未来』を開催いたしました。まずは第1部のプレゼンテーションの模様をお伝えいたします。

【第1部】 『変革し続ける組織を実現するための人材マネジメントのあり方』
~経営は何を考え、組織・社員にどう仕掛けていくのか~

<パネリスト>
シスコシステムズ合同会社 代表執行役員社長 平井 康文 氏
株式会社良品計画 代表取締役会長兼執行役員 松井 忠三 氏
元プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)米国本社HR担当ヴァイスプレジデント
(現BBT大学院 客員教授)会田 秀和 氏

<ファシリテーター> 一橋大学大学院 商学研究科 教授 守島 基博 氏

 

【イントロダクション】
守島 基博氏(一橋大学大学院 商学研究科 教授)

冒頭まず守島先生よりチェンジマネジメントを捉える際のポイントについて下記のようなお話を頂きました。
「チェンジをいかに起こすか?」という意味での“チェンジマネジメント”についてはこれまでも多くの議論がなされてきました。例えばクルト=レビンが示した3つのステップ『解凍(変われるかもしれない・変わりたいという感覚の醸成)⇒変革(方向性の提示と変革の推進)⇒定着(導入した変革のメンバーへの定着)』などは有名です。企業人事も、従来のやり方から決別を促したり、変化の方向性を指し示すなど各段階における対応などは行ってきたのではないでしょうか。
しかし、近年では別の意味でのチェンジマネジメントが求められています。それは「チェンジを起こし続ける組織をいかにして創るか?」というものです。変化の激しい現在においては、外部環境の変化や戦略の変化に応じて、常に変革を起こしつづけることが必要です。危機的な状況になって始めて着手する変革ではなく、常態として継続的に変化を起こし続ける組織をいかに創るかがポイントとなります。
今日は企業が「自ら継続的に変革できる組織」を作った企業をお呼びしました。人事は経営から何を期待されているのでしょうか?また具体的にどういったことを行うべきか?企業の事例から読み取って頂ければと思います。

hito_forum4_pt1_01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

- 連載記事

  • メルマガ登録はこちら
    ※メールマガジン 配信停止をご希望の方は、こちらへお進みください。