ホーム > 調査・研究 > 研究活動 > キャリアマネジメント

研究活動

全て
  • グローバル人材マネジメント
  • タレントマネジメント
  • ミドル
  • チェンジマネジメント
  • キャリアマネジメント

キャリアマネジメント

キャリア3_01

キャリア自律の必要性は十数年以上前から叫ばれています。しかし「自己責任」という名のもとキャリア開発の主体者が過度に個人だけに委ねられてしまっているのではないでしょうか。個人のみならず企業にとってもキャリアマネジメントの必要性が高まる中、企業にはどのような役割が求められるのでしょうか?

- フォーラム
【第5回HITOフォーラム「キャリアマネジメントの未来」】報告
vol.01:第1部冒頭講演

2014.08.19

2014年7月28日、ベルサール九段にて、第5回インテリジェンスHITOフォーラムを開催しました。
第1部では、主に経営層の方々をお招きし、リーダーシップとは何か、どう育てるのかなど、経営に資するリーダーシップを創るキャリアについて議論しました。第2部では、企業の人事部門の方々をパネリストに迎え、各社のキャリアマネジメント事例をご紹介いただいたほか、キャリアに対する考え方や人事部門が果たすべき役割についてディスカッションを行いました。

zentai

開催報告の第1回は、第1部のファシリテーターを務めていただいた一橋大学大学院の守島教授からの問題提起と、パネリストにお迎えした日本IBMの橋本孝之氏、マーサージャパンの古森剛氏、BOLBOPの酒井穣氏の冒頭講演をリポートします。

<報告記事INDEX>
vol.01:〔第1部〕登壇者による冒頭講演
vol.02:〔第1部〕パネルディスカッションの模様

■〔第1部〕経営に資するリーダーシップを創るキャリアとは<パネリスト>
日本アイ・ビー・エム株式会社 会長            橋本 孝之 氏
マーサー ジャパン株式会社 代表取締役社長
マーサー ファーイースト地域代表              古森 剛 氏
株式会社BOLBOP 代表取締役CEO             酒井 穣 氏

<ファシリテーター>
一橋大学大学院 商学研究科 教授              守島 基博 氏

※文中の肩書は取材当時のものです。

>次ページは、一橋大学大学院 守島教授の問題提起

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

- 連載記事

  • メルマガ登録はこちら
    ※メールマガジン 配信停止をご希望の方は、こちらへお進みください。