パーソル総合研究所、コロナ禍前後の残業時間の実態を発表
コロナ禍の前も後もテレワーカーの方が出社者より残業時間が長い

コロナ禍後、テレワーカーも残業は2.8時間減少。残業なしは27.4%となり、7.8ポイント増

 株式会社パーソル総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渋谷和久)は、コロナ禍前後におけるテレワーカーと出社者に分けた残業時間の実態に関する調査結果データをまとめましたので、お知らせいたします。

調査結果概要

① コロナ禍前後の平均残業時間を比較すると、全体で2.8時間減っている。テレワーカーでは3時間、出社者では2.6時間短くなっている。

change-overtime-hours-by-corona-1

② コロナ禍の前も後も、テレワーカーの方が残業時間は長い傾向にあることが定量的に明らかとなった。ただし、テレワーカーも、コロナ禍前後で残業なしは19.6%から27.4%へと7.8ポイント増えてはいる。

change-overtime-hours-by-corona-2

※本調査における「テレワーカー」はモバイルワーク・在宅勤務・サテライト勤務のいずれかを週に1~5日実施している人、「出社者」は在宅勤務・モバイルワーク・サテライト勤務をまったく行っていない人となります(コロナ禍の前後で立場は変わらない)。

※本調査を引用いただく際は、出所として「パーソル総合研究所」と明記してください。

調査概要

     
調査名称 パーソル総合研究所 「コロナ禍における就業者の休暇実態に関する定量調査」
調査目的 コロナ禍における就業者の年次有給休暇取得及び休み(※)の過ごし方の変化実態を明らかにする
調査手法 調査会社モニターを用いたインターネット定量調査
調査期間 2020年8月26日~8月31日
調査対象者

■共通条件
全国、正社員、20~59歳男女、企業規模10名以上
■個別条件
①テレワーカー【n=1000】
週に1~5日間、モバイルワーク・在宅勤務・サテライト勤務のいずれかの実施者
②出社者【n=1000】
モバイルワーク・在宅勤務・サテライト勤務をまったく行っていない出社者

合計 n=2000

実施主体 株式会社パーソル総合研究所

【株式会社パーソル総合研究所】<http://rc.persol-group.co.jp/について

 パーソル総合研究所は、パーソルグループのシンクタンク・コンサルティングファームとして、調査・研究、組織人事コンサルティング、タレントマネジメントシステム提供、人材開発・教育支援などを行っています。経営・人事の課題解決に資するよう、データに基づいた実証的な提言・ソリューションを提供し、人と組織の成長をサポートしています。

【PERSOL(パーソル)】<https://www.persol-group.co.jp/>について

 パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

問い合わせ先

■株式会社パーソル総合研究所 広報室 TEL:03-6385-6888 FAX:03-6386-9161 MAIL:pr@persol.co.jp
※報道機関でお急ぎの方は携帯番号:080‐4624‐6019 MAIL:hideyuki.s@persol.co.jp宛ご連絡下さい

PAGE TOP