HOMEニュース パーソル総合研究所×中央大学の共同研究の成果発表 2030年の人手不足の推計値は644万人。人手不足の深刻化が見込まれる

パーソル総合研究所×中央大学の共同研究の成果発表
2030年の人手不足の推計値は644万人。人手不足の深刻化が見込まれる

2018年10月23日

リリース

 総合人材サービス、パーソルグループのシンクタンク・コンサルティングファームである株式会社パーソル総合研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渋谷和久)と、中央大学(東京都八王子市、学長:福原紀彦)は、共同研究として取り組んできた「労働市場の未来推計2030」の成果を発表します。

 2030年までの人手不足数や人手不足の対策に関する推計値など、概要は下記のとおりです。

  1. 2030年の人手不足の推計値は644万人。20年の人手不足は384万人、25年は505万人と深刻化が進む見込み。
    (参考資料8~9ページ)
  2. 産業別にみると、人手不足が最も生じるのはサービス業で400万人。次いで医療・福祉の187万人。(参考資料10ページ)
  3. 職業別にみると、人手不足が最も生じるのは専門的・技術的職業従事者で212万人。(参考資料11ページ)
  4. 都道府県別にみると、人手不足が最も生じるのは東京で133万人。(参考資料12~13ページ)
  5. 人手不足の対策として、働く女性・シニア・外国人を増やすこと、AI等の技術革新による生産性向上が考えられる。働く女性を102万人、シニアを163万人、外国人を81万人増やし、AI等の技術革新で298万人を代替できれば、644万人の不足を埋められる。(参考資料15~26ページ)
  6. 2030年時点で働く女性を102万人(※1)増やすためには、未就学児童の保育の受け皿として、116.2万人分追加する必要がある(※2)。(参考資料16~19ページ
    ※1 M字カーブをなくすように、女性の25~29歳の労働力率88.0%が45~49歳まで継続すると仮定した場合の数。
    ※2 現状(2017年4月時点)の保育の受け皿は273.5万人分であり、合計389.7万人分必要となる。
  7. 賃金が上がらない場合は人手不足数がさらに大きくなるため、国や企業は賃上げの努力を行うべきであること、また、今回の推計ではスキルのミスマッチを考慮しておらず、市場が求めるスキルを労働者が身に付けるべきであることなどを提言する。(参考資料27ページ)

<共同研究の趣旨>

 パーソル総合研究所は、人事領域のシンクタンクとしての役割を果たすため、社会や企業、個人が早期に適切な打ち手を講じることができるよう、2016年に「労働市場の未来推計2025」を発表しています。
 今回の「労働市場の未来推計2030」は、前回の5年先となる2030年を推計対象にするとともに、推計方法を高度化したものです。パーソル総合研究所と中央大学経済学部教授・阿部正浩が共同研究を行うことにより、推計結果の精度を上げることを目指しました。

※引用いただく際には出所を明示してください。
 出所の記載例:パーソル総合研究所・中央大学「労働市場の未来推計2030」

「パーソル総合研究所」<http://rc.persol-group.co.jpについて

パーソルグループの総合研究機関として、「人と組織の成長創造」に向けた調査・研究、コンサルティングサービス、人事関連サービスの提供を通して、企業の持続的な成長をサポートしています。

「PERSOL(パーソル)」<https://www.persol-group.co.jp>について

パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。  パーソルグループは、人材派遣のパーソルテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のパーソルキャリアをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

中央大学について

 中央大学は、1885年の創立から「實地應用ノ素ヲ養フ(じっちおうようのそをやしなう)」という建学の精神のもと、いつの時代にも社会を支え、未来を拓くことを使命とし、実社会の課題に対応する教育・研究に取り組んでいます。
 2015年には「Chuo Vision 2025」を策定し、世界に存在感のあるChuo Universityを目指し、「学部増設による総合大学としての魅力向上」「魅力あるキャンパスの構築」「グローバル化の推進」「大学のスポーツ振興と発展」の4つの事業を展開しています。
 来たる2019年4月には、「国際経営学部」「国際情報学部」を新設し、現代社会が抱える課題を解決するための新しい価値を創造・提供してまいります。

問い合わせ先

株式会社パーソル総合研究所 広報室
TEL:03-6385-6888 FAX:03-6386-9161 Mail:pr@persol.co.jp

中央大学 広報室
TEL:042-674-2050 FAX:042-674-2959 Mail:kk@tamajs.chuo-u.ac.jp

PAGETOP
PAGETOP