HOMEニュース パーソル総合研究所、深刻な人手不足を背景に「フィールドHRラボ」設立

パーソル総合研究所、深刻な人手不足を背景に「フィールドHRラボ」設立

2018年05月24日

リリース

飲食・小売・アパレル・運輸業のアルバイト・パートなど
"現場"ではたらく人材の採用・育成・定着に関する課題解決を本格的に支援
~日本マクドナルドで計100万人のアルバイト採用を推進した日比谷勉がラボ責任者に就任~

総合人材サービス、パーソルグループのシンクタンク・コンサルティングファームである株式会社パーソル総合研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渋谷和久)は、飲食・小売・アパレル・運輸をはじめとするサービス業の"現場(フィールド)"における人材マネジメントについて、ナレッジ蓄積やソリューション開発を行う専門組織「フィールドHRラボ」を6月1日に設立します。

サービス業の現場では、深刻な人手不足を背景に、アルバイト・パートの採用・育成・定着といった人材マネジメントが大きな課題となっています。こうした企業の課題解決を本格的に支援するため、パーソル総合研究所ではフィールドHRラボと社内組織の連携により、質の高いコンサルティング・研修サービスの提供などを行っていきます。フィールドHRラボ責任者には、日本マクドナルド株式会社にて様々な採用戦略を実施し、計100万人のアルバイト・パート採用を推進してきた日比谷勉が就任します。

■背景:深刻な人手不足を背景にアルバイト・パートの採用・育成・定着は現場任せから経営課題に

 飲食・小売・アパレル・運輸をはじめとするサービス業の現場では、アルバイト・パートの人手不足が深刻化し、人件費の拡大や営業時間の縮小などにつながっています。企業として、いかに人材を確保し、いかに定着させるか。アルバイト・パートの採用・育成・定着といった現場の人材マネジメントは、個々の店舗・営業所の問題ではなく、経営課題になっているといえます。
 一方で、現場の人材マネジメントは、正社員のように体系化されておらず、現場任せのケースがみられます。企業の課題として、店長・マネジャーの経験や勘に左右されるのではなく、経営としての戦略や体系化された施策、現場マネジメントのノウハウの共有が必要な状況といえます。

■概要:「フィールドHRラボ」を設立し、現場の人材マネジメントに関する課題を解決するため、質の高いコンサルティング・研修サービスなどを提供

 パーソル総合研究所は、飲食・小売・アパレル・運輸をはじめとするサービス業の"現場(フィールド)"における人材マネジメント(採用・育成・定着)について、ナレッジ蓄積やソリューション開発を行う専門組織「フィールドHRラボ」を設立します。フィールドHRラボの方針・役割は下記のとおりです。

① 社内のシンクタンク部門とともに、現場の人材マネジメントに関するナレッジの蓄積を推進していきます。シンクタンク部門では2015年にアルバイト・パート2万5千人に対する大規模調査を実施しており、こうしたデータ・分析結果(https://rc.persol-group.co.jp/lp/growth/)も活用していきます。
② 蓄積されたナレッジをもとに、社会に対して情報発信を行うことで、人手不足時代の人材マネジメントの課題とその解決策について啓蒙・共有を図ります
③ 蓄積されたナレッジをもとに、社内のコンサルティング・研修事業と連携しながらソリューション開発を行い、質の高いコンサルティング・研修サービスの提供を通して現場の人材マネジメントの課題解決を図ります
④ お客様との対話を通してナレッジの量と質を高め、より役に立つソリューション開発や情報発信に努めていきます。

<パーソル総合研究所のソリューションメニューとフィールドHRラボの位置付け>

ソリューション.png

フィールドHRラボ責任者・日比谷勉のプロフィール

 1964年生まれ。東京都出身。日本マクドナルドに31年間勤務した後、2018年4月にパーソル総合研究所入社。「フィールドHRラボ」の責任者であるとともに、エバンジェリストを務める。
 日本マクドナルドでは様々な採用戦略を実施し、計100万人のアルバイト・パート採用を推進してきた。経歴としては、計11店舗の店長を経て、本社採用セクションに異動。アルバイト・パート専用の採用アセスメント導入によりマッチング精度を高め、退職率減少を実現。2008年には、自社運営のアルバイト求人サイト「マックdeバイト」と一括応募を可能としたコールセンターを設立。この功績により、全世界でトップ1%の優秀な業績を残した従業員に贈られる「プレジデントアワード」を受賞。 
 近年では、人事本部ピープル・ディベロップメント部統括マネジャーとして、全国一斉の「アルバイト体験会」開催やオリジナルアニメーション製作など、新しい採用手法やブランド戦略を実施した。

hibiya2.pngフィールドHRラボ責任者兼エバンジェリスト・日比谷勉

■「パーソル総合研究所」について<http://rc.persol-group.co.jp/

パーソルグループのシンクタンク・コンサルティングファームとして、調査・研究、組織人事コンサルティング、タレントマネジメントシステム提供、社員研修などを行い、働く人と組織の持続的な成長をサポートしています。

■「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/

パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣のパーソルテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のパーソルキャリアをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外90社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

問い合わせ先

株式会社パーソル総合研究所 コーポレート部 広報室
TEL:03-6385-6888 FAX:03-6386-9161 MAIL:pr@persol.co.jp

PAGETOP
PAGETOP