第1回 人的資本情報開示に関する実態調査を読み解く

bnr_1200-630_20220616


人材を「資本」として捉え、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上につなげる経営である「人的資本経営」に注目が集まっています。その背景には、グローバル化や産業構成の急激な変化において、無形資産や非財務情報に関心が高まっていることがあげられます。

海外における人的資本情報の開示に向けた動きは急激に進んでおり、国内でも2021年6月に改訂されたコーポレートガバナンス・コードにおいて、人的資本への投資などについて、具体的に情報開示・提供することが盛り込まれました。

このような環境変化を受けて、企業の経営は、どのように経営戦略と連動した人材戦略を実践し、企業価値向上につなげていけばよいのでしょうか。また、具体的にどのように情報を可視化し、投資家に伝えていけばよいのでしょうか。

本セミナーでは2022年3月にパーソル総合研究所が実施した上場企業・非上場企業の役員と人事部長に対する「人的資本情報開示に関する実態調査」の結果を踏まえ、企業が人的資本経営をどう捉え、どのように開示指標を選定すればよいのかポイントをお伝えいたします。

開催概要

日数

1日60分

開催日

2022/07/11(月)16:00~17:00 ※弊社競合・同業他社の方、個人の方はお断りします。

開催時間

2022/07/11(月)16:00~17:00

受講料

無料

会場

WEBセミナー(zoom)

定員

100名

対象者

企業の経営層、経営企画・人事部門の責任者様

学習形態

オンライン会議システム Zoom を利用します。
オンライン開催の注意事項はこちら

学習内容

・人的資本経営、情報開示に関する概観
・「人的資本情報開示に関する実態調査」結果の共有
・開示指標選定のポイント

備考

※事前質問がある方は、お申込みフォームの備考欄に記入をお願い致します。
※競合他社及び個人(個人事業主を含む)の方のお申込みはお断りさせて頂きます。

講師情報

井上 亮太郎

Ryotaro Inoue

株式会社パーソル総合研究所
主任研究員
慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科特任講師

中島 夏耶

Kaya Nakajima

株式会社パーソル総合研究所
コンサルティング事業本部 マネジャー

申し込み

日程

受付中

2022/07/11(月)16:00~17:00 ※弊社競合・同業他社の方、個人の方はお断りします。

申し込む
PAGE TOP