オンライン研究会「キャリア自律を科学する」

※本セミナーの受付は終了しました

online_career1

本セミナーの目的と特徴

コロナ禍でもあり、変化の激しい環境で、自身のキャリア形成に当事者意識を持つこと、すなわちキャリア自律が必要という声をほとんどの企業からお聞きしています。社員個々人が自身のキャリアを考える機会が増える中、企業は、従業員のキャリア自律のために何ができるでしょうか。

パーソル総合研究所では、従業員のキャリア自律に関する定量調査を行い、キャリア自律を促すためには、単発施策や意識付けだけではなく、トータルの組織環境づくりに取り組む「キャリア自律のビオトープ・モデル」を提言しました。この調査結果をご説明するとともに、「キャリア自律は離職を促すのか?」という皆さまの関心事への結果もご紹介します。

online career2

開催概要

日数

120分

開催日

2021/10/12(火) ※弊社同業他社・個人・個人事業主の方はお断りいたします。 満席

開催時間

2021/10/12(火)14:00~16:00

受講料

無料

会場

WEBセミナー(zoom)

定員

100名

対象者

・企業の人事・人材開発部門の責任者・担当者の方(1社2名様まで)
※同業者(社員研修事業・人事コンサルティング事業・講師)の方、個人の方のご参加はご遠慮ください。

学習形態

本セミナーはオンラインで実施します
・URLをクリックするだけの簡単オンライン受講システム『Zoom』を使用します
・接続は、PC(Windows/Mac)、スマホ(iPhone/iPad/Andoroid)から可能です。
・周囲への騒音やハウリング防止のため「イヤホン」の使用をお勧めします。
・体験ワークがありますので、マイクオン、カメラオンでご参加をお願いします。
・ログイン方法などは、お申込いただいたメールアドレス宛に事務局よりご連絡を差し上げます。

オンライン研修の注意事項はこちら

学習内容

online career3

備考

※同業者(社員研修事業・人事コンサルティング事業・講師)の方、個人(個人事業主を含む)の方のお申込みはお断りさせて頂きます。

講師情報

上席主任研究員

小林 祐児

Yuji Kobayashi

NHK 放送文化研究所に勤務後、総合マーケティングリサーチファームを経て、2015年入社。専門分野は理論社会学・人的資源管理論。2021年から総務省「「ポストコロナ」時代におけるテレワークの在り方検討タスクフォース」に参画。
著書に『働くみんなの必修講義 転職学』、『会社人生を後悔しない 40代からの仕事術』など。

研究員

砂川 和泉

Izumi Sunakawa

大手市場調査会社にて10年以上にわたり調査・分析業務に従事。定量・定性調査や顧客企業のID付きPOSデータ分析を担当した他、自社内の社員意識調査と社員データの統合分析や働き方改革プロジェクトにも参画。2018年より現職。現在の主な調査・研究領域は、女性の就労、キャリアなど。

※本セミナーの受付は終了しました

申し込み

日程

受付終了

2021/10/12(火) ※弊社同業他社・個人・個人事業主の方はお断りいたします。

受付終了
PAGE TOP