M&Aに伴う組織・人事統合

M&Aにおける組織・人事制度統合等の人事PMIを、総合的に支援

成長戦略の実現やグループ再編を目的としたM&Aにおいて、買収・被買収組織の組織・人事統合は、非常に多くのコストやリスクを伴う、難易度の高い取組みです。

具体的なタスクは、人事デューデリジェンス(人事DD)と、人事PMI(Post Merger Integration)に分類されます。
人事DDでは、被買収組織の人事労務の実態把握を通じたリスク分析と、PMIを見据えた分析を実施します。
人事PMIでは、まずプレクロージングでは買収側主導で、経営幹部リテンション、ガバナンス整備、統合プラン策定、従業員コミュニケーション等を進めます。ポストクロージングでは、統合会社主導で、組織・人事制度統合、タレントマネジメント強化、人事機能統合、組織開発等を実施します。

パーソル総合研究所では、人事DDにおいては、人員最適化や現場人事に特化した高い専門性を有する部隊との連携を通じ、的確なリスク分析を実施します。人事PMIにおいては、統合計画の立案・実行を、パーソルグループの総力をフル活用し、多面的に支援します。

具体的なテーマ/プロジェクト例(一例)

  • 人事PMI

    • - グループ再編を目的としたM&Aに伴う、人事制度統合支援
    • - 成長戦略の実現を目的としたM&Aに伴う、人事制度・機能統合支援、等
PAGE TOP