HOME調査・研究機関誌HITO HITO 第10号

HITO 第10号

全員を光らせろ!~タレントマネジメントの潮流~

日本の生産年齢人口は2012年からたった4年間で約420万人減少しています。さらに10年後の2025年には現在より513万人減少する見込みで、こうした働き手の減少は、企業間における人材の争奪戦がさらに激化することを意味しています。また、企業を取り巻くビジネス環境は日々、加速度的に変化し、非連続なビジネス環境への対応が各企業に求められています。このようなビジネス環境の変化の中で企業の成長にとって、人材の成長や適材適所といったタレントマネジメントは欠かせないものになっています。識者や企業などへの取材、調査を通して、これからのタレントマネジメントについて考察しました。

PAGETOP
PAGETOP