HOME調査・研究機関誌HITO 特別号 HITO REPORT vol.1

特別号 HITO REPORT vol.1

労働市場の未来推計 583万人の人手不足

日本の生産年齢人口(15歳~64歳)は1997年以降減少しています。このまま減少していくと、将来どれくらいの人手不足が見込まれるのか。私たちの推計では今後年率0.8%の経済成長を維持したとすると、10年後の2025年には583万人の人手が不足する見込みです。そして、このような人手不足の問題に日本社会はどのように向き合うべきか。人手不足解消に向け「生産性の向上」「女性の就労活性化」「シニアの就労活性化」「外国人の就労活性化」という4つの選択肢について検討しました。それぞれの選択肢において、人手不足を解消する余地がどれくらいあるのか、先進企業の取り組みや識者への取材を通して人手不足問題の解決に向けたポイントを整理しました。

PAGETOP
PAGETOP