コンサルティング部門で働く魅力
1
パッケージではない、領域を限定しない、自由度の高いコンサルティング
パーソル総合研究所コンサルティング部門では、確立された既存のアプローチだけではなく、マーケットインの視点で顧客に寄り添い、顧客と共に解決策を作り上げていくことを大切にしています。その解決策は、人事戦略の立案から人事制度設計、人材開発・組織開発、採用・定着・選抜・配置・育成等の人事施策設計まで幅広く、グループとの連携も含め、人事分野においては領域を限定しないワンストップでのソリューション提供が可能です。
少数精鋭でサービスカットではない組織ですので、全てのコンサルタントが人事組織分野において領域を限定しない、自由度の高いコンサルティングに携わることができます。組織としても、これまでにない新しい切り口でのソリューション提供に価値を置いていますので、経験豊富なコンサルタントも日々知的創造を楽しみ、切磋琢磨しあいながらワクワクと仕事ができる、コンサルタントとして最高の環境が、ここにはあります。
2
コンサルタントとして継続的に成長できる環境
パーソルグループ数千名の営業パーソンが日々、企業の人事担当とコンタクトを取っている中で、良質な案件の引き合いが多く、非常に恵まれた環境にあります。
マネジャークラス以上は数値責任を持ちますが、営業効率が良いため営業活動だけに追われることなく、お客様へのソリューション提供へ多くの時間を費やすことができ、コンサルタントとして継続的に成長し続けることができます。
3
私生活との両立を可能にするフレキシブルな働き方
パーソル総合研究所は、オープンな文化のもと、多彩なプロフェッショナルが集い、刺激しあい、知的創造を楽しむことを大切にします。そして、多様な働き方を尊重し「はたらいて、笑おう。」を体現する組織であり続けることを目指しています。実際、子どもを持ち働く社員も多く、また大学院の博士課程に通っている社員もおります。
生産性高く働くための制度(フルフレックス/上限なしのリモートワーク)が整備されており、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方が可能です。ただし、高い成果をチームで出すことが求められる仕事でもありますので、働き方の自由度が高いからこそ、一人ひとりがお客様にとってよりよい価値を生むために日々切磋琢磨し、生産性を高めていくためにスキルを磨き続け、そしてチームワークを重視するプロフェッショナルであることが求められます。
コンサルティング部門の仕事
仕事内容
パーソル総合研究所コンサルティング部門は、企業変革のパートナーとして、人事組織分野における包括的・本質的な課題解決に取り組んでいます。
仕事事例
株式会社TSIホールディングス様/人事制度設計
ポジション・バリュー(職務価値)を軸に、ホールディングス組織の新人事制度を再構築するとともに運用力向上の取り組みを共同作業で実施
「ナノ・ユニバース」や「ナチュラルビューティーベーシック」、「マーガレット・ハウエル」、「ローズバッド」など、数多くの人気ブランドを展開する株式会社TSIホールディングス。東京スタイルとサンエー・インターナショナルという老舗アパレル企業の統合により共同持株会社として誕生した同社では、双方の企業文化とそこに根差した人事思想の違いを捉えながら、「ポジション・バリュー(職務価値)」をベースとした人事制度(等級・評価・処遇制度)の再構築を行いました。また「構築した制度をいかに適切に運用するか」が、制度が根付くための重要課題であるとの認識から、従来の年功的運用から職務をベースとした人事運用への転換のための従業員コミュニケーション、マネジメントトレーニングなどの導入までのトータルなご支援をさせて頂きました。
グループ共通人事等級の設計、導入支援 / サービス業・3万名規模
積極的なM&A展開によりグループ会社が約100社にまで増加。各社個別の人事制度を導入していたため、どのような人材がどれだけいるのか、人材の見える化が困難な状況の中、グループ横断の次世代経営幹部候補の発掘・育成のタレントマネジメントを行う基盤として、グループ共通グレードを策定。毎年のアセスメントとグレーディングを通じ、人材の可視化と配置育成・サクセッションプランニングへの活用を可能にしました。
人材ポートフォリオ・人材戦略策定 / 情報通信業・2,000名規模
事業環境の変化に伴い、今後求められるビジネスプロセス・職種役割・能力要件を定義。
現状の人材のスキルレベルを可視化し、ギャップを埋めるための採用・配置・育成・処遇(代謝)の人事戦略策定・導入支援を実施しました。
適所適材を実現するための最適配置モデルの構築 / 人材サービス業・5,000名規模
ミスマッチによる若手・優秀層の離職率低減に向け、職種×適性と上司×部下の2つの最適配置モデルを構築。前者はアセスメントデータを活用したハイパフォーマーの特性分析、人事評価との関係性分析によって職種別の活躍因子を明らかにしました。後者は上司と部下組み合わせの最適パターンを析出し、これらの掛け合わせによって最適配置を導き出すモデルを設計。導入後は離職率の低減や異動者の早期戦力化、評価点数向上などの効果が出ています。
コンサルティング部門の働く環境
データで見るコンサルティング部門
従業員数
従業員数
年齢別割合
年齢別割合
新卒・中途入社割合
新卒・中途入社割合
一緒に働くメンバー
組織・人事コンサルティング
マネジャー
インタビューを見る
組織・人事コンサルティング
シニアコンサルタント
インタビューを見る
よくある質問
コンサルティング経験者しか応募できないのでしょうか?
コンサルティング未経験者はまずはアソシエイトとしてご入社頂き、コンサルタントとしての基礎・人事分野の知識を身に着け、ステップアップして頂きます。コンサルティング経験者の方は、ご経験内容・領域に応じ、さまざまな活躍のステージをご用意しております。詳しくは募集要項をご確認下さい。
どのようなクライアントが多いのでしょうか?
我々は「人事分野からの企業変革」を本気で行いたいと考えている企業様のご支援を行っておりますので、規模・業種の制限はなく、多種多様なクライアントとお取引をさせて頂いております。規模でいえば、数十名規模~グループで数十万名規模まで幅広く、それぞれの企業様のご要望に合わせて、チームを編成しております。
どのようなプロジェクト体制でサービス提供を行っていますか?
プロジェクトは基本的には10名以下で組成し、1人が複数のプロジェクトを兼任するケースが多いです。多くのプロジェクトを担当することにより、知識経験の幅が広がり、成長のスピードも速いと考えています。担当プロジェクトは本人のキャリアの希望やこれまでの経験・スキル等から総合的に勘案し、本人の成長を重視したアサイン行っています。
情報・ナレッジ共有、成長のための機会などはありますか?
ナレッジ蓄積の仕組み、部門全体での事例共有会、メンバーの自主勉強会、読書会など多岐に渡る仕掛けがあり、自分が担当していないプロジェクトからの学びを得る機会も多くあります。自ら成長をしたいという意欲がある方には、惜しみなくナレッジを共有する文化がありますので、本人次第で短期間で大きく成長することが可能な環境です。
コンサルタントの募集はこちら