LEARNING

熱い思いを持った仲間と
パーソルグループ各社と連携し
組織課題に向き合う日々

永井 扶実

人材開発・社員研修 人材開発コンサルタント

熱い思いを持った仲間と
パーソルグループ各社と連携し
組織課題に向き合う日々

LEARNING

永井 扶実

人材開発・社員研修
人材開発コンサルタント

高い質問力でお客様の事業目的を明確化
共に課題解決を探る仕事

現職では、人材開発・育成のコンサルタントとして、企業の人事部や人材開発・育成担当者と共に、組織課題を解決する仕組みづくりに取り組んでいます。元々、新卒で大手飲料メーカーに入社し、営業職に就きました。メーカーから人材育成業界への転職は珍しいかもしれません。前職では業界NO.1シェアブランドを扱いながら商品力に頼る営業に不足感を抱き、やはり企業の成長には人材の力が不可欠であり、その育成が欠かせないと感じたことをきっかけに、この業界に飛び込みました。

人材開発コンサルタントの仕事は、お客様の要望や課題に寄り沿い、解決に向けて一緒に取り組むことです。パーソル総合研究所には、人事面から企業のサポートをする「コンサルティング部門」や、人と組織に関する調査研究を担う「シンクタンク部門」などがあり、人材育成に関する専門家を多く擁しているので、最先端の情報や大学の先生との共同研究結果を携えて、ダイナミックな提案をできるのが魅力です。

しかし、難しさもあります。転職してすぐは、お客様の声に耳を傾けたつもりでも、その課題に潜む背景を十分理解できず、表層の問題に集中してしまい、その問題に対する研修プログラムを早く提供することに躍起になっていました。上司や先輩に報告するたびにヒアリングの甘さを指摘され、不足点を補うために、再びお客様の元に足を運んで話を聞いてくる……。それを繰り返していくうちに、可視化されていないお客様の課題を引き出し、さまざまな角度から研修プランを提案できるようになりました。最近では、企画の段階からご相談をいただけるようになり、やりがいが増しています。

グループ連携によって生まれる
仕事の広がり

パーソルのグループ会社からお客様を紹介してもらうことも多く、そこからご相談範囲が広がっていく案件もあります。例えば、転職サービスの「doda」をはじめとした、さまざまな人材サービスを手掛けるパーソルキャアからの紹介で、愛知県に本社を構える航空会社を担当したときのこと。当初は、ダイバーシティ促進のご相談でした。一方で、当時ラーニング事業本部では、岩手県における復興支援研修『東北・岩手の復興地から学ぶリーダーシップ研修』を支援していたのですが、なんと偶然にもさまざまな企業の担当者を岩手県に呼ぶために移動手段として使われていたのが同航空会社の飛行機だったことが判明。そこで、インターンシップ向けのメッセージとして、「地方と地方を結び地方創生に貢献する」という企業の特色を打ち出すことで、新卒採用の課題解決に繋げました。

さらに、社員研修の一環としてこのインターンシップにサポートとして参加してもらうことで、既存の社員にも地域密着型の企業理念を体感してもらい、会社に対するロイヤルティ向上に繋げたのです。これらの取り組み成果に対する評価から、現在では人事制度改革のご相談もいただき、コンサルティング事業部と連携しながら抜本的な課題解決に向けてご支援の内容が拡大している状況です。パーソルグループの力や他の部署のプロの力を借りながら、人事制度改革にいちから関わることができていることは、とても大きな経験だと感じています。

仕事について熱く語れる仲間がいる

働きやすいと感じるのは、ラーニング事業本部内のコミュニケーションが盛んで、協働関係が生まれやすい職場だからかもしれません。働き方も個人の裁量に委ねられています。仕事柄、お客様先に行くことが多いため、フルフレックス制度を利用して直行・直帰したり、訪問時間の合間にリモートワークをしたりすることもあります。フルフレックス制度の活用は推奨されているので、きちんとスケジュール管理をしてほかのメンバーに共有していれば、逐一申請や報告をする必要もありません。フレキシブルに調整できますから、旅行などプライベートのスケジュールも立てやすいです。

また、パーソル総合研究所という社名から「堅そうな職場」だと思われがちですが、そんなことはありません。一人ひとり個性的で、専門性を持つプロの集まりですが、気軽に相談したり質問したりできる雰囲気があります。議論も熱く交わされます。本気で向き合えば、真剣に返してくれる人が集まっているので、一緒に仕事をしていて面白いですね。先日も、パートナーの先生方との懇談会で、仕事の話題で盛り上がっている私たちを見て、先生方に「こんなに仕事のことを熱く語る人達は、あまりいないよ」と驚かれたほど。それだけ熱く話ができる仲間がいるのは嬉しいことです。

私自身はまだまだ専門性が足りず強みがないと感じていたのですが、上司から「この仕事は、熱い思いを持つ人に、お客様が集まる」と諭され、「熱い思い」も強みのひとつだと思えるようになりました。どんな職種からの転職であっても「人に対する熱い思い」があればマッチするのではないでしょうか。むしろ、さまざまな経験やバックグラウンドを持つ人こそ、お客様の立場を理解しやすく向いているのかもしれませんね。

Fumi Nagai 大学卒業後、飲料メーカーに入社。既存顧客の本部商談や新規ルート開拓、現場販促支援に従事。企業の成長には商品力より人材育成が欠かせないと、人材業界に興味を持ち、2014年12月、旧テンプスタッフピープル株式会社に入社。アウトソーシング事業部で人材開発コンサルタントとして活躍。2018年4月からパーソル総研に。社員の成長を目的とするインターンシップ支援やアセスメントを活用したミドルマネジメント研修など、さまざまな業界での階層別研修の実績を持つ。

公開日:2020年4月10日