TALENT MANAGEMENT

目指すは最年少マネジャー
高い目標でも、自分を信じて走れる
最高の環境が整っています

設楽 孝登

タレントマネジメント カスタマーサクセス部

目指すは最年少マネジャー
高い目標でも、自分を信じて走れる
最高の環境が整っています

TALENT MANAGEMENT

設楽 孝登

タレントマネジメント
カスタマーサクセス部

「あらゆる人材に光を当てる」
システムのコンセプト自体が
働くモチベーションを上げている

大学卒業後、入社したのは人事分野専門のERP導入を手掛けるIT企業です。2年間、お客様の人事部の方と共に仕事をする中で、人事と働き方というものは、切っても切り離せない関係だと感じました。人事領域についてもっと知見を深めていきたいという気持ちが芽生え、パーソル総合研究所への転職を決めました。

パーソル総合研究所には、シンクタンク、組織・人事コンサルティング、社員研修や人材開発のラーニングのほか、現在私が所属するタレントマネジメントなどのさまざまな部門があります。転職活動中、たくさんの企業を調べましたが、人と組織の総合研究機関はここしかありませんでした。今後、自分が人事の知識を深め、成長していく過程を想像したときに、パーソル総合研究所以上にベストな場所はない、ここで働きたい!と思いました。

現在は、「HITO-Talent」というタレントマネジメントシステムの導入を担当しています。元々、タレントマネジメントとは、一部の選抜人材や優秀層にターゲットを絞り、将来の経営者候補を育てていこうという目的で生まれた概念です。しかし、「HITO-Talent」のコンセプトは「限られた選抜人材だけでなく、あらゆる人材に光を当てること」。生産年齢人口の減少が進む中、企業は社員をいかに最大限活躍させられるかが重要になります。個人の活躍を推進するのはパーソル全体のグループビジョンにも繋がっています。すべての働く人が輝きながら仕事をするという考え方は、私自身の仕事へのモチベーションにもなっています。

自由でオープンな環境
年齢も肩書も気にすることなく
意見を言い合える

入社してまず印象的だったのは、自由でオープンな社風です。入社後すぐに参加した全社でのキックオフの場で、社長に質問をする機会があったのですが、私が「渋谷社長」と切り出すと「社長とは呼ばないでいいよ」と言われたことはとても記憶に残っています。マネジャーや役員などの肩書はありますが「〇〇さん」と呼び合い、社員全員がフラットでオープンな関係性。役職が上の人とも、事業に対する考えを気軽に話したり、ちょっとした雑談をしたりと、日常的に会話が飛び交っています。

昨年「1DAY合宿」という一日研修をタレントマネジメント事業本部内で行いました。ひとつのテーマに対して議論するのですが、一人ひとりが自由に意見を言える環境ですから、この研修での活発な議論を通して部内の一体感がより高まりました。役員の想いも改めて聞くことができ、いちメンバーとして一緒に事業を引っ張っていきたいという想いが強くなりました。

タレントマネジメント事業本部のメンバーは全員中途入社で、転職前もITに関わっていたプロフェッショナルばかりです。それぞれに最適な仕事のノウハウを持ちながら、いつでも協力し合える体制が整っています。困った時や、どうしても手が回らない時に周りの人に助けを求める、そういう空気があるため、とても働きやすいです。

フルフレックスで時間を有効利用
知識と経験を増やし、
マネジャーを目指す

勤務時間帯が固定されていないフルフレックス制度を活用し、普段は、少し早めの時間に出社してなるべく早く帰宅するように心がけています。転職前に比べて、プライベートの時間は圧倒的に多くなりました。空いた時間は、足りない知識のインプットや趣味に当てています。転職する前の時には全くしなかった料理に挑戦してみたら、だんだん楽しくなってきて、今や料理が趣味になりました。得意料理はハンバーグとピーマンの肉詰めです。料理を始めてから体調も良く、明日への仕事の活力になっています。

有給休暇の取りやすさにも満足しています。有給休暇を取得する時は事前に人事部や上長に申請して取る企業が多いですが、パーソル総合研究所は宣言ベース(笑)。仕事の見通しが立っていればいつでも取りやすい環境です。だからこそ、仕事を納期までにやり遂げるためにはどう動くのか、スケジュールを考えるスキルも鍛えられます。

このインタビューを受けている時点で、私は25歳。パーソル総合研究所で最年少の社員です。今掲げている目標は、最年少マネジャーになること。人と組織の在り方を考える際にはリーダーとフォロワー、上司と部下の関係性を考えることは避けては通れません。マネジャーになることで初めて見えてくる組織課題もあると思います。また、今後の自身のキャリアとしてマネジャー経験は大きな強みになると考えています。当然今のままではそこに至る知識も経験も足りていないため、目標をブレイクダウンして日々の業務に落とし込み、取り組んでいくつもりです。そして「HITO-Talent」をより多くのお客様にお届けしていきたいです。

Takato Shitara 大学在学中「ITの将来性」への興味と「人のために何かしたい」という気持ちが芽生え、ITコンサルタント職に関心を抱く。卒業後、人事分野専門のERP導入を手掛けるIT企業に就職し、システムの導入を担当。2年在籍したのち、2019年6月にパーソル総合研究所に入社。現在は、コンサルタントとして顧客企業への「HITO-Talent」の導入を支援する。

公開日:2020年4月07日