HOMEメールマガジン Vol.171:介護人材の成長とキャリアを考える

Vol.171:介護人材の成長とキャリアを考える

2019年03月13日

このメールは、パーソル総研メルマガにご登録いただいた方のほか、イベントに

お申込みされた方や名刺交換をさせていただいた方にお送りしております。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

【パーソル総研メルマガ】 Vol.171:介護人材の成長とキャリアを考える

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

-◆ INDEX ◆-------------------------------------------

〔1〕介護人材の成長とキャリアを考える

〔2〕Information

--------------------------------------------------------

┏━┓

┃ 1┃介護人材の成長とキャリアを考える

┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界に先駆けて超高齢化社会を迎える日本。要介護者の急増にともなって、それを

支える介護業界の人手不足の状況は、多くのメディア報道されている通りです。また、

介護現場職の離職者は、3年以内の離職が6割以上を占めており、人材流出の問題も

介護業界が抱える大きな課題です。さらに、介護のプロフェッショナルが十分に確保

できないと、一般企業における「介護離職」の問題にも影響してきます。つまり、介護の

領域を「誰が・どうやって担っていくのか」は、社会全体にとっての大きな問題なのです。

そこで、パーソル総合研究所は2017年、ベネッセ シニア・介護研究所と共同で「介護

人材の成長とキャリアに関する研究プロジェクト」を発足させました。介護職が仕事を

続けていくためのキーワードは、「成長」と「キャリア」だと考え、「介護職にとって、

成長を実感しながらキャリアを築いていける環境とはどのようなものか」について、

実践的な解決策を提案していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆介護職の離職とキャリア――

専門性向上に向けたキャリアパスづくりと「成長支援」が定着のポイント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

介護業界の人材流出の状況を概観してみると、過去10年以内に介護職を辞めた人の

3割程度が入社1年未満、6割程度が入社3年未満で離職しており、早期での離職が

多いことがわかります。言うまでもなく、早期離職によるロスは甚大であり、

採用コストやそれまでの育成コストが無駄になるだけでなく、欠員が出た職場に大きな

身体的・心理的負荷がかかります。本コラムでは、介護業界の早期離職を防ぎ、人材を

定着させるためのヒントを探っていきます。

■詳細はこちら

https://rc.persol-group.co.jp/column-report/201902220001.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆何が介護職を〈成長〉させるのか──

「クリエイティビティ」と「他者」をキーワードに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

介護業界の人手不足解消のためには、現場に入った介護職が安定して中長期的な

キャリアを築いていける環境が必要です。キャリア構築においては、働いている職場で

一人ひとりが専門職として「成長の実感」を積み重ねていくことが重要であるとともに、

業界内の転職促進や、復職の意向を上げていくことも大切です。調査結果から、介護職と

して働く人たちは成長志向が高いということもわかりました。本コラムでは、「他者」と

「クリエイティビティ」という2つのキーワードを挙げ、介護職の成長をさらに促進し、

長期的なキャリア構築につなげるためのヒントをお伝えします。

■詳細はこちら

https://rc.persol-group.co.jp/column-report/201812060001.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆介護職の成長とキャリアをサポートする「職場の人間関係」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

閉じた空間のなかで密接な人間関係が形成される介護の職場においては、やりがいを

醸成するのも人間関係であれば、心理的負担につながるのも人間関係であると言えます。

初期定着のカギとなるベテランスタッフとの関係性、その後生じる「キャリアの見通しの

なさ」の問題を通して、本人の成長につながり、離職を防止するためのコミュニケーション

のポイントをお伝えします。

■詳細はこちら

https://rc.persol-group.co.jp/column-report/201903010001.html

------------------------------------------------------------

◆【研究員座談会】ベネッセ シニア・介護研究所×パーソル総合研究所

~介護人材にとっての「成長」とは~

------------------------------------------------------------

プロジェクトの中核を担う4人の研究員が、介護業界に横たわる課題と介護人材に

とっての「成長」について語り合いました。

https://rc.persol-group.co.jp/kaigo/interview.html

※「介護人材の成長とキャリアに関する研究プロジェクト」詳細はこちら

https://rc.persol-group.co.jp/kaigo/

┏━┓

┃ 2┃Information

┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆機関誌HITO新刊『変革か衰退か~待ったなし! 日本の雇用改革~』発刊

かつては日本の産業の競争力を支えた日本型雇用慣行。現在はそのメリットより雇用や

労働に関する数々の問題を引き起こす原因として指摘されることが多くなっています。

これからますます進行する少子高齢化において日本が再び輝くために、日本型雇用慣行

の問題の根幹と今後あるべき雇用のあり方を考察しました。

PDFダウンロード・ご購入はこちら>>

https://rc.persol-group.co.jp/research/hito/hito13.html

◆機関誌HITO REPORT新刊『労働市場の未来推計2030~644万人の人手不足~』発刊

現在、日本は前例を見ないほどの人手不足に直面しています。しかし、具体的な不足数は

明確ではなく、対策に繋がっていないのが現状です。そこで、パーソル総合研究所では、

中央大学経済学部の阿部正浩教授と共同開発した「予測モデル」を用い、2030年時点での

労働需給状況を推計しました。

PDFダウンロード・ご購入はこちら>>

https://rc.persol-group.co.jp/research/hito/-hito-report-vol4.html

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールは、パーソル総研メルマガにご登録いただいた方のほか、

イベントにご参加いただいた方、名刺交換させていただいた方にお送りしております。

※本メルマガは、どなたでもこちらからご登録いただけます!

 ⇒ https://entry.rc.persol-group.co.jp/a.p/215/

----------------------------------------------------------

メールマガジン配信停止希望の方は下記URLをクリックしてください。

https://entry.rc.persol-group.co.jp/b.p/215/

メールアドレスの変更をご希望の方も、上記URLから配信停止をした後、

再度、新しいアドレスでお申し込みをお願いいたします。

----------------------------------------------------------

最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

■発行者

株式会社パーソル総合研究所

〒107-0062 東京都港区南青山1丁目15-5 パーソル南青山ビル

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(C) PERSOL RESEARCH AND CONSULTING CO., LTD.All Rights Reserved.

掲載記事の無断転載を禁じます。

※内容・リンクは配信当時のものです

【経営者・人事部向け】

パーソル総研 メルマガ

雇用や労働市場、人材マネジメント、キャリアなど 日々取り組んでいる調査・研究内容のレポートに加えて、
研究員やコンサルタント・講師のコラム、お得なセミナー・研修情報などをお届けします。

メルマガ詳細はこちら
PAGETOP
PAGETOP