自社課題の解決を通じた実践型リーダーシップ開発

~実際の課題を解決しながら、経営者としての視点・問題解決力・リーダーシップを高めていく

自社の現実の課題に取り組むための集合研修と個別コーチング指導を組み合わせたプログラムです。研修で新しい知識を学ぶだけでなく、立案した解決策を実際の職場で取り組み、戦略企画・実行推進の難しさを体感しつつ、周りを巻き込んでいく変革推進のリーダーシップを開発します。

プログラムのコンセプト

  • 自社の現実の課題に取り組むための集合研修と個別コーチング指導を組み合わせたプログラムです。研修で学ぶだけでなく、立案した解決策を実際の職場で取り組みながら戦略企画・実行推進を行ないます。

  • 実際の職場や組織で起きている課題を取り扱い、メンバーを巻き込みながら戦略の実行まで取り組んでいきます。それによって、変革推進のリーダーシップも実地で開発していきます。

  • 戦略系コンサルティングファーム出身のターンアラウンドマネージャー (企業再生請負人)など、経営の第一線の経験を持つ講師が徹底的に個別指導します。

プログラムの全体像

下記のプログラムは、あくまでも一例です。貴社課題、受講者のレベル等に合わせてフルオーダーメードでプログラム設計を致します。

プログラムの全体像

講師・コンサルタント プロフィール

内田 亮

うちだ あきら

慶応大学卒業後、慶応大学大学院にて法学修士(MA)、米国ダートマス大学ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)取得。慶応大学卒業後、慶応大学大学院にて法学修士(MA)、米国ダートマス大学ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)取得。

東京銀行(現 三菱東京UFJ銀行)を経て、戦略コンサルティング会社のジェミニ・コンサルティング、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン(現 PWCストラテジー・アンド)、および戦略・業務・ITコンサルティング会社のアクセンチュアに参画。コンサルティング3社では、パートナーとして、クライアントの新規事業戦略立案・実行支援、全社戦略立案・実行支援、全社ターンアラウンド支援、新規クライアント・アカウント開拓を手がける。金融、メディア、自動車、公共サービス業界向けのコンサルティングも多く、海外でのプロジェクト経験も豊富。クライアントの中長期的な持続性を確保する観点から、クライアントの経営課題を解決するプロセスにおいて経営幹部研修のほか、社内次世代リーダークラスの人材育成にも注力し、彼らの問題解決力の向上を主眼にした独自のプログラムを開発してきた。2008年、コールセンター最大手「ベルシステム24」の代表取締役社長に就任、同社のターンアラウンド、再成長に向けた全社的取り組み、および新規事業の開拓を推進。現在は、今までの経験を踏まえ事業会社の現実課題を中心に添えた活動に注力している。

人材開発・教育支援

PAGE TOP