PMマスターズ ◆マネージング・コンプレックス・プロジェクト

コンプレックス・プロジェクトのマネジメントに必要な新しいアプローチ方法である米国Strategy Execution社独自のプロジェクトコンプレクシティインジケータやプロジェクトマネジメントモデルの基本知識とスキルを学習します。

 

PDU16.0 / ITC認定学習時間 16時間

 

新しい考え方—既知のプロジェクトマネジメント技法とツール適用に対する新しいアプローチを必要とします。マネージング・コンプレックス・プロジェクトは、そうしたプロジェクトの未知の複雑さを評価し、成功をもたらす最適なアプローチと技法を展開するための体系的なマネジメント手法を提供します。

効果

  • コンプレクシティ・サイエンス(複雑性科学)論の基礎知識を修得する
  • プロジェクトコンプレクシティインジケータを活用して、プロジェクトのコンプレクシティレベルを評価する基本手法を修得する
  • コンプレックスプロジェクトマネジメントモデルを活用して、プロジェクトをマネジメントするフレームワークの基本手法を修得する
  • コンプレックスプロジェクトの成功確率を上げるためのアプローチ方法とリーダーシップ発揮の基礎知識を修得する

特徴

実践力重視の学習内容
基礎的な概論だけでなく、実際にプロジェクトを管理・運営する際に、必要となる論理的思考・枠組みを修得できるよう、ケーススタディや演習を活用した体験学習型の研修となっています。

PMP®資格に適用
パーソルラーニングは米国PMI®認定教育機関(ATP)のため、PMP®資格更新時に必要なポイント(PDU)が修得可能です。またPMP®試験を受けるために必要な学習時間としても認定されています。
※PMP®(Project Management Professional)米国PMI®が認定するプロジェクトマネジメントの国際認定資格。

開催概要

日数

2日

開催時間

9:30~17:30 *企業内研修はおこなっております

受講料

110,000円(税抜価格100,000円)

会場

オンラインセミナー

定員

20名

対象者

通算3年以上のプロジェクト実務経験があり、プロジェクトで、プロジェクト・マネジャーあるいはリーダーの経験のある方

取得ポイント

・米国PMI®認定コースに認定されており、PMP®資格更新に必要なポイント(PDU・16ポイント)の取得が可能です。
・本コースのPDU明細は「テクニカル:16.00ポイント、リーダーシップ:0.00ポイント、ストラテジック:0.00ポイント」です。
・ITコーディネータ協会の実践力ポイント対象コースに認定されており、認定学習時間(16時間)/8ポイントの取得が可能です。
・各コースのPDUには、自学習1PDU/日を含みます。※自学習用ツール等をお渡しします。

学習形態

  • 貴社内で実施(講師は当社より派遣)

  • 公開コース

  • オンライン開催

    オンライン開催時の注意事項はこちら

  • セッションはオンラインでのコミュニケーションツール ZOOMを活用して実施します。講師からの説明や全体での質疑応答、また数名によるグループ別のディスカッションなど、セッションごとの目的に応じたインタラクティブなセッションをご提供いたします。

    学習内容

    <1日目> ・コンプレックス・プロジェクトとは
    −コンプレクシティ論の構成要素/リーダーシップのアプローチ技法
    ・プロジェクト・コンプレクシティ・インジケータ
    ・コンプレックスプロジェクトマネジメントモデル
    <2日目> ・コンプレックス・プロジェクトの設計
    −コンプレクシティの計画/リスク分析と対応計画/変更管理
    ・コンプレックス・プロジェクトの実行
    −フレームワークの策定/実行とコントロール/ツールの選定
    ※各章にて演習・ケーススタディを実施いたします。
    PAGE TOP