テレワークにおける効果的なコミュニケーション研修

※本セミナーの受付は終了しました

受講対象者/こんな方におすすめです

  • テレワーク環境下でのコミュニケーションに不安や課題を感じている方
  • チームの生産性や士気に課題を感じている方
  • テレワークでスムーズかつ成果の上がるコミュニケーションを取りたい方
  • 組織内で部下・後輩教育に携わる担当者
  • ※プログラムは変更になる場合もございます。予めご了承ください。
  • ※本研修はZoom®で配信いたします。
  • ※ネットワークにつながるPC環境(セミナー受講用)をご用意ください。
  • ※周囲の雑音が気になる環境からご参加なさる場合はイヤホンマイクをご用意ください。
  • ※ログイン方法などは、お申込いただいたメールアドレス宛に事務局よりご連絡を差し上げます。
  • ※このセミナーには受講者同士や講師と意見交換をするワークがあります。その際はカメラON、マイクONにてご参加ください。

研修の目的

テレワークは業務効率が上がるメリットがある一方で、コミュニケーションの面で課題も多く見られます。ある調査によると、およそ半数の企業が「従業員への意思伝達が難しくなった」、「従業員同士の意思疎通が難しくなった」、「部門間の連携が難しくなった」と回答しています。テレワーク時でも問題なく、逆にそのメリットを生かしてコミュニケーションを取るためには、相応の工夫と準備が必要です。
本研修では、テレワーク環境下で円滑なコミュニケーションをとるために必要な基礎知識やコツを学びます。

講師

株式会社Skillpod 代表取締役社長
須見 庸子(すみ つねこ)

大学卒業後、大手進学予備校にて教務の傍ら、室長として約6年勤務の後、一般企業に転職。一貫して人材教育研修に関わり、知識・経験を蓄積。人材教育に関しては、企業の現状リサーチから問題・課題の抽出・分析、教育研修の体系づくり、マニュアルの作成、研修・トレーニングの運営実施、研修後のフォローまで、総合的なコンサルティングノウハウを提供している。2008年、各界の教育研修により貢献すべく運営株式会社スキルポッドを立ち上げ、代表取締役社長に就任。20年以上に渡り年間150を超える実践指導を続けている。

タイムスケジュール

時間 内容
14:00 1.残念なテレワーク事例10選
2.テレワークのメリット・デメリットを知る
3.テレワークでのコミュニケーション環境を整える工夫
 ・コミュニケーションは質よりまず総量を増やす
 ・暗黙の了解と忖度の禁止~コミュニケーションルールを見直す
 ・報連相のきっかけをルール化する
 ・ネガティブな指摘はchatやメールを使わない
 ・スケジュールやタイムラインを可能な限り見える化する
4.テレワーク時代の新しいコミュニケーション・マナーとは
16:00

※本セミナーの受付は終了しました

PAGE TOP