【WEBセミナー】DX時代の最新のIT技術への向き合い方

~次々に出てくる新技術を的確かつスピーディに活用するために~
今だけ特別価格!通常22,000円(税込)→特別価格16,500円(税込)

Ai、IOT、RPA などITの新技術をどのようなタイミングで社内のDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り入れるのがよいのか、新トレンドに振り回されることなく的確に活用するためのポイントを理解します。

受講対象者/こんな方におすすめです

  • IT導入部門の方
  • 業務変革の責任者、担当者
  • 新しいIT技術の知識を得たい方
  • 企業経営者
  • ※プログラムは変更になる場合もございます。予めご了承ください。
  • ※本研修はZoom®で配信いたします。
  • ※ネットワークにつながるPC環境(セミナー受講用)をご用意ください。
  • ※周囲の音が気になる環境からご参加なさる場合はイヤホンマイクをご用意ください。
  • ※ログイン方法などは、お申込いただいたメールアドレス宛に事務局よりご連絡を差し上げます。
  • ※このセミナーには受講者同士や講師と意見交換をするワークがあります。その際はカメラON、マイクONにてご参加ください。

研修の目的

AIやIOT、5G、RPAについて、本質を理解し、今すぐにでも取り組むほうがよいことと、少し待ったほうがよいことを整理します。また、演習を通して自社のDX推進状況を分析します。

研修のねらいと特徴

(ねらい)
・最新のIT技術は、ビジネスのチャンスとも、脅威とも感じられます。その代表的なものとしてDX時代の新技術としてよく耳にする、AIやIOT、5G、RPAがあります。いざ、自社に取り入れようとしたときに、何の業務改革に活用できるのか、どのくらい効果があるのか、よく分からないということはありませんか? 本セミナーでは、これらの新技術の本質を分かりやすく説明し、今すぐにでも取り組むほうがよいことと、少し待ったほうがよいことを整理します。

・3-4年ごとに入れ替わるIT技術の新トレンドに振り回されず、日ごろから中長期的な視点で業務プロセスの改善サイクルを回しておけば、新技術が成熟した際に的確かつスピーディに活用できることを理解します。

・中堅中小企業におけるDXの推進状況を演習をしながら現状分析します。

(特徴)
本講座は、特定非営利活動法人ITコーディネータ協会が、中小企業支援における経験やノウハウを結集し、ITを経営の力としていただくための研修としてご提供しています。
ITには難しいイメージがあるかもしれませんが、協会オリジナルの内容で、楽しく学んでいただけます。

講師

一般社団法人 中小企業IT経営センター 代表理事
野村 真実(のむら まさみ)

鹿児島大学理学部を卒業後、日本ユニバック(現日本ユニシス)へ入社。 2004年経営学修士(MBA)取得。また社内ベンチャー制度にて、「ITコーディネータビジネスモデル」を発案し企画、実践。2007年独立し、千葉IT経営支援有限責任事業組合 理事長および日本IT経営センター有限責任事業組合 理事に就任。
2012年 一般社団法人 千葉IT経営センターを立上げ、代表理事に就任。2018年6月 一般社団法人 中小企業IT経営センターに社名変更、現在に至る。

タイムスケジュール

時間 内容
15:00 (1)【講義】ITによる社会変化について
  ・デジタル中心の世界とは~何がどう変わるのか
  ・ビジネスにとって何が違うのか?
  ・スーパーコンピューター、量子コンピューター
(2)【講義】主な最新IT技術のキーワード
 ①AI
  ・AIを著しく発展させたディープラーニングとは
  ・アプリケーションとして提供されるAI
 ②IoT
  ・IOTの本質はデジタル化(データ化)
  ・IOTが社会のインフラとなる時代の到来
 ③5G
  ・移動通信システムの進化
  ・5Gが実現すること
 ④RPA
  ・RPAのクラスレベル
  ・RPA導入事例
(3)【演習】DXの自社適用ワーク
17:30

開催概要

日程 時間 会場 定員 料金(税込) 申込状況

開講日の3~5営業日前に受付を締め切りますので、お早めに申し込みください

PAGE TOP