ホーム > 調査・提言 > シンポジウム「雇用改革時代における人材活用のこれから」開催(JHR主催)

調査・提言

一覧へ

- 講演要旨

2013.10.23

シンポジウム「雇用改革時代における人材活用のこれから」開催(JHR主催)

産業構造や年齢構成比の変化など、労働市場環境が大きく変化する中、企業には新たな労働市場に対応した人材活用を構築する必要があります。とくに、就業人口が多く、且つ、経営課題を解決する力を有するミドル層をいかにしてうまく採用し活用するかは多くの企業で重要なテーマとなっています。
“ミドルのチカラ”を十分に活かし企業が躍進するために、企業はどのように人材を採用し、活用すれば良いのでしょうか?本シンポジウムでは、”ミドルのチカラ”をより適切に見極めるために開発したフレームワークをご紹介させて頂きした。また、経済産業省・厚生労働省の政策方針を踏まえたうえで、これから企業に求められる人材活用のあり方について提案させていただきました。

- 関連資料
基調講演
産業構造の転換に伴う労働移動
ミドル採用における新たなフレームワークのご紹介とその可能性
パネルディスカッション

※本資料はHITO総研も参画しているJHR(人材サービス産業協議会)のホームページ公開資料からの転載です。

- プログラム
【日時】2014年10月23日(水)14:00-17:00
【会場】リクルートGINZA8ビル11階ホール
【定員】200名
【プログラム概要】
■14:00-14:10 開会のご挨拶:
JHR(人材サービス産業協議会)理事長 中村 恒一
■14:10-15:20 第1部(講演)
『求められる人材活用のパラダイムシフト』
・基調講演: 学習院大学 経済学部 教授 今野 浩一郎氏
・産業政策・労働政策にみるミドル層の労働移動支援
経済産業省 経済産業政策局 奈須野 太氏
厚生労働省 職業安定局 松原 哲也氏
・ミドル採用における新たなフレームワークのご紹介とその可能性
JHR(人材サービス産業協議会) 副理事長 高橋 広敏
■15:30-16:50 第2部(事例紹介・パネルディスカッション)
『ミドルのチカラを活かす採用・人材活用の在り方とは』
・<プレゼンター/パネリスト>
株式会社サイゼリヤ 取締役 人事開発部長 長岡 伸氏
ナゴヤパッキング製造株式会社 経営企画室・アジア事業開発室 室長 小寺 一輝氏
株式会社リクルートキャリア 代表取締役社長 水谷 智之氏
・<ファシリテーター>
学習院大学 経済学部 教授 今野浩一郎氏
■16:50-17:00 閉会のご挨】
JHR(人材サービス産業協議会) 副理事長 高橋 広敏

※役職・肩書はシンポジウム開催当時のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加