ホーム > 調査・提言 > Y世代に学ぶ、自分自身の声に向き合ったキャリアの歩み方

調査・提言

一覧へ

- 対談

2014.12.02

Y世代に学ぶ、自分自身の声に向き合ったキャリアの歩み方

「ミドル世代に元気がない」という声をよく聞く。企業組織に所属し続ける中で、ミドル世代は何を見失ったのか。そして、それはどのようにすれば取り戻せるのだろうか。ミドル世代の1つ下に当たる世代、「ジェネレーションY(Y世代・1975年~1989年生まれ)」を代表し、Teach For Japanの松田氏・蓑輪氏に話を聞くことでヒントを探った。

大切にしているのは「組織のミッションが個人のミッションでもある」関係性

須東:よく「ミドルは元気がない」という話を聞きます。皆さんから見てミドル世代はどのように映っていますか?

蓑輪:今のミドルに元気がないというのは少し意外です。私が以前いた外資系金融機関ではむしろミドル世代の方がパワフルでした。会社に対する愛社心も強かったですし、「今の会社を自分たちが成長させてきたんだ」という自負心も持っていらっしゃいました。当時お世話になったミドルの方々を私は今でも尊敬しています。

松田:世代で区分けして考えることに少し違和感があります。私たちの世代でも仕事に前向きな人もいればそうでない人もいます。これはミドル世代においても同じことだと思います。実際、世代による意識の違いは感じられますか?

左からTeach for Japanの松田悠介氏、蓑輪淳子氏、インテリジェンスHITO総合研究所の須東朋広研究員

左からTeach for Japanの松田悠介氏、蓑輪淳子氏、インテリジェンスHITO総合研究所の須東朋広主席研究員


須東:私もミドル世代の一人ですが、私たちには「勝つことが全てだ」といった価値観がベースにあるように思います。そのため「同期より先んじて成果をあげてやろう」なんてことを思っていた世代です。成果を上げて出世するためには私生活の犠牲も厭わず、人よりも多くの仕事をしようとしてきました。しかし、今の若い世代を見ていると、そこまで勝ち負けにはこだわっていないように見えます。もっと違う「何か」を大切にしているようにも思うのですが、いかがですか。

蓑輪:たしかに私自身も「是が非でも社内で昇進していくぞ」という意気込みは持ったことがありません。

松田:私は逆に「勝ち負けではないぞ」と前職のコンサルティングファームで教えられました。同期同士で勝負をするのではなく、「個々がいかにリーダーシップを発揮し、シナジーを生み出すか」が大事だと教わりました。その点は今でも非常に意識しています。

蓑輪:以前と比べると、私たちの世代には社内外にネットワークを持ちやすい環境にあることも影響しているかもしれません。私たちの世代は会社以外にも色んなコミュニティに属していますし、今は転職も選択肢に入るようになってきました。キャリアの選択肢は昔より豊富なのではないでしょうか。実際、私も松田に知り合ったのは前職の職場にいた時です。

須東:私たちミドル世代は1つの企業で勤め上げることが普通でしたので、その環境の違いは大きいかもしれませんね。個人を取り巻く環境が変わったとすると、個人と組織の在り方も変化しているのでしょうね。

松田:これは私自身が注意していることですが、組織のミッションが個人のパーソナルミッションでもある関係性が大切だと思っています。Teach For Japan(以下、TFJ)の『ひとりひとりの子どもの可能性が最大限活かされる社会の実現』というミッションが達成されることで、私たち個人のミッションも達成されるということです。組織のミッションに個人が盲目的に従うのではなく、組織がハッピーになることで個人もハッピーにならないといけない。

蓑輪:非常に共感します。私自身、自分が培ってきたものをTFJの成功のために使えるのであれば幸せだろうなと思い、この組織に入りました。

志に共感した多くの学生が集まる

志に共感した多くの学生が集まる

>>次ページは 自分自身のパーソナルミッションにいかに向き合うか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加