ホーム > 調査・提言 > データで語る雇用『日本の「起業」』

調査・提言

一覧へ

- 調査・データ

2014.09.09

データで語る雇用『日本の「起業」』

日本を取り巻く雇用環境や日本の課題を、データとともにお伝えする。今回のテーマは日本の「起業」。ベンチャーブームの終焉以降、その低調さが叫ばれる日本の起業。特に近年ではシリコンバレーの活況さと対比されることも多いが日本の起業は、実際どれほど低いのか。そしてそれはなぜ低いのか。データに基づく国際比較で日本の課題を抽出したい。

japan-mini 59カ国中58位。低調な日本の起業

世界各国と比較して、日本の起業活動はどの程度低いのだろうか。GEM(※)「2010 Global Report」で、起業活動の活発さを表す起業活動率を比較すると、日本は59カ国中58位。イタリアに次いで2番目に起業が低調という結果が示されている。

※GEMとは
Global Entrepreneurship Monitor(グローバル・アントレプレナーシップ・モニター)調査。起業活動の国ごとの違いやその要因、経済活動との関連性などを明らかにすることを目的に1997年に米国バブソン大学と英国ロンドン大学の起業研究者たちが中心になって組織されたプロジェクト。1999年以来毎年調査が行われ、日本は初年度から参加している。

図版1

japan-mini起業家が生まれにくい日本

日本の起業活動はなぜこれほどまでに低いのだろうか? GEMの調査をみると驚くべき結果が分かる。起業への「態度」に関する7項目のうち、日本がワースト3位に入っているのは実に5項目。うち3項目は最下位となっている。「今後6カ月以内に、自分が住む地域に起業に有利なチャンスが訪れると思いますか」という問いに「はい」と回答した割合は、アメリカ34.8%、中国36.2%、ドイツ28.5%に対し、日本はわずか5.9%となっている。「新しいビジネスを始めるために必要な知識、能力、経験を持っていますか」には13.7%。また、職業選択の評価を示す「あなたの国の多くの人たちは、職業の選択として新しいビジネスを始めることが望ましいと考えている」という問いには各国が50%以上が「はい」と回答したのに対し、日本は28.4%となっている。日本は起業家の経営能力・スキルに対する自信に加え、事業機会の認知や、社会的評価などが軒並み低いことが分かる。教育など起業家個人の育成に加え、社会的にも起業家をよりサポートするような体制づくりが求められる。

図版2

>>次ページは 日本の起業家の4人に1人が60歳以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加