ホーム > 調査・提言 > 2度の風土大変革をどう乗り切ったか【戦略人事・曽山哲人ができるまで(第2回)】

調査・提言

一覧へ

- インタビュー

2014.08.27

2度の風土大変革をどう乗り切ったか【戦略人事・曽山哲人ができるまで(第2回)】

1998年の創業以来、飛躍的な成長を遂げたサイバーエージェント。同社は、これまでに2度の大きなビジネス変革を行っています。1つはネット広告事業に加え、ブログサービスなどインターネットメディアを扱うアメーバ事業を立ち上げた2004年、もう1つはPC中心の事業体からスマホ中心へ軸足を移した2011年です。その大胆な事業変革は、当然、社内の大幅な風土変革も必要とし、大きな渦と歪みを生みました。第2回は、この大変革を曽山氏がどのように乗り越えたのかについて伺います。

「赤字じゃないですか」新規事業に対する社員の不満

―― ネット広告会社として創業された御社が、売上高260億円規模だった2004年に立ち上げ、その後アメーバ事業に5年間で60億円もの大型投資をされました。どのように風土改革を進められたのですか。

株式会社サイバーエージェント取締役 人事本部長 曽山 哲人 氏

株式会社サイバーエージェント
取締役 人事本部長 曽山 哲人 氏

曽山氏: 私自身は、アメーバ事業をこれから伸ばしていこうとしているタイミングで人事本部長に就任しました。営業職がメインであった当社で、エンジニア職がけん引するメディア業を伸ばしていくにあたり、社長の藤田自身が風土改革をしたいと言ったのです。私は人事本部長として、いかなる大きな変更の要望が申し渡されてもやりきると心に決め、藤田のイメージする改革にむけて地道に前に進んでいきました。例えば、それまでスーツにネクタイが普通だったところから新しい部署では私服可にしたり、オフィスの場所、椅子の種類まで技術者の要望に応える形で規定や環境を変化させていったのです。藤田の席も、アメーバ事業のオフィスに移しました。

―― これほど大きな風土改革だと、不安や不満を持つ社員も多く現れそうですね。

曽山氏:確かにそういう声もありました。私がもともと広告事業の営業責任者であったこともあってか、アメーバ事業の立ち上げに期待して応援してくれる営業メンバーがいる一方で、不満の声もよく耳に入ってきました。「曽山さん、あれ何なんですか。赤字じゃないですか。僕らが一生懸命つくった利益をどうしようと思っているのですか?」と。実際、当時はまだアメーバ事業は始まったばかりでメディアとしての成長を先行させていたこともあり、収益は伸びていませんでしたから。藤田にも機を見ては営業からの声を伝えると、「教えてくれてありがとう。とにかく今はアメーバに集中しているから、今後も対話を続けてもらえるかな」などと言われていました。あとはもう、なんとかするしかないわけです。

コミュニケーション・エンジンに徹する

―― どのように鎮静化を図ったのですか。

曽山氏:社員に不満を訴えられるたびに、藤田や他の役員の考えをメンバーが理解できるように伝えるよう努力しました。「会社全体でより高収益な会社を作っていきたいから、メディア業に挑戦しているんだよ。これが成功すれば、結果的には会社の将来への投資の原資が大きくなって、新しい事業のチャンスが増えたり、広告事業のみんなも含めて社員の環境や処遇が良くなったりしていく。そういう考えで今のチャレンジをしているので、ぜひ一緒に盛り上げてほしい」と。もし営業のメンバーが藤田に直接質問したら、きっと藤田はそう答えるだろうと想定される回答を自分なりに考え、一人ひとりに伝えました。

不満を抱える社員たちにとって大事なことは、自分たちにとって「明るい未来」になるのかどうか。この「明るい未来」という言葉は私の上司にあたる常務から教えてもらった考え方ですが、とにかく人は明るい未来があれば頑張れる。どんな環境やポジションにいても、明るい未来がずっと見えないままだと不安が大きくなってしまう。だからこそ、どの部署の社員であっても明るい未来が持てるように配慮しています。加えて大事なことは、会社が自分たちのことをきちんと考えてくれていると納得できることです。今まではすぐそばにいて自分たちを見てくれていた社長が、オフィスごと新事業側へ移ってしまったとなると、見放されたのではないかと感じる社員は少なからず出てきます。そうした不安を、他の役員が食事や面談を通じて考え方を伝えたり、人事から藤田の思いを伝えることで一つひとつ解消していく。これこそ、まさにコミュニケーション・エンジンの役目です。営業のAチームに伝え終えても、Bチームへ行けば再び同じ不満がそこにある。だから、ひたすら説明を繰り返し、藤田の思いを彼らの心へつなぎ込んでいく。人というのは、「○○らしいよ」という伝言だと簡単には納得できないのですよね。地道に、本人に「直接」「対面で」伝えていくしかないのです。

>>次ページは “スマホ企業への変革”では、社長自ら「2年間耐えてほしい」と宣言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加