ホーム > 調査・提言 > 企業変革を実現する人事(2)

調査・提言

一覧へ

- 調査・データ

2016.08.24

企業変革を実現する人事(2)

執行役員  渕田 任隆

さらに増す部門人事の重要性

クライアントと接する中で、最近、部門人事の重要性について考えさせられる(企業によっては、「ビジネスパートナー」「部門総務」「部門業務」など名称役割が異なる)。弊社のサービスのひとつであるタレントマネジメントを実施するには、従来以上に従業員一人ひとりの特性を見極め、より確かな配置や育成を進めていく必要がある。そのようなタレントマネジメントができている企業の中で、部門が人事機能(育成、評価、配置等を担う:どこまで担っているかは会社により異なるが)を持ち、手厚く人材マネジメントを実施しているケースがある。こうなってきている背景には、各企業とも事業が多様化しており、かつ当該事業スピードも増しているため、より事業に近いところで人材マネジメントを行う必要が出てきているという事情がある。

一方、全社人事ができることは、従来にも増して限界があるのも理解できる。例えば、教育研修について、これまでも研修体系上にある共通研修は全社人事で担当し、職種別研修は各事業部で行っている。しかし、次世代経営者育成などやるべきことがさらに増えている中で、日々変化する事業部側の育成に全社人事が関わることはより一層困難になっているため、事業部側による、より質の高い人材マネジメントが必要となっている。

部門人事があることにより、「事業をより深く理解した上で対応できる」「従業員一人ひとりに対し、より丁寧なアプローチができる」「施策の集中化ができる」といったメリットがある。もちろんデメリットもあり、部門人事を置くことによりコストは高くなる。そのコストを上回るメリットが出せるかが、部門人事を置くかどうかの判断ポイントとなる。

こうした部門人事設置の参考になると考え、弊社グループの事例であるが、次ページより紹介させていただく。

>>次ページは 部門人事が変革に深く関与した事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加