ホーム > 調査・提言 > 企業における「多様な正社員」導入の意味とは?

調査・提言

一覧へ

- 解説

2015.09.08

企業における「多様な正社員」導入の意味とは?

政府や企業において今注目されている「多様な正社員」。
正規—非正規二極化の解消策の一つとして社会的にも期待が寄せられている。一方で、企業にとって「多様な正社員」を導入することは、どういう意味を持つのだろうか。企業を取り巻く昨今の環境変化を考えると、「多様な正社員」導入が今後の企業競争力を左右する非常に重要な鍵を握っていることが見えてきた。

なぜ「多様な正社員」なのか

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

「作れば売れる」時代から「売れるモノを創る」時代へ。グローバル化、技術革新、ICTの進展は、商品ライフサイクルの短命化、職務特殊スキルの陳腐化、高度産業化・経済化といった現象をもたらした。

このような時代を企業が勝ち抜くための競争力の源泉は、つまるところ「人」である。独創性や創造性、自ら問題を発見し解決策を導き出す能力があれば、働く人も「年齢・性別・立場」に関係なく、グローバルで勝ち抜くことができる社会である。激変する経営環境において、企業は一人でも多くのイノベーション人材やソリューション人材を発掘し、活用することが求められる。

しかし、そのような素養を持つ人材が“不本意非正規”である場合、いつまでもその雇用区分に滞留させることは、能力の出し惜しみの可能性を高め、組織にとってももったいないことである。個の事情に配慮した上で無期契約し、「売れる(高付加価値な)モノを創る」ために、「多様な正社員」を導入することが必要だろう。

また、顧客との接点の中でニーズを吸い上げ、改善・提案に繋げられるようなオペレーションエクセレンスである人材も、企業競争力の源泉と言える。そういった人材に対しても、それぞれの事情に配慮した上で「多様な正社員」を導入することは必要となる。すなわち、企業がグローバルで勝ち抜く競争優位を形成するには、「いつまでも(勤務期間)、どこにでも(勤務地)、なんでも(職種)『会社の思い通りに働ける』」人材ありきで考えるのではなく、イノベーション、ソリューション、オペレーションエクセレンスを実現できるかなどといった、「能力」を持ち合わせているかに着目すべきなのだ。

そして、そうした素養を持つ人材に何らかの制約(時間・地域)があれば、それらを考慮した働き方を可能な限り提示したり、社内ルールを整備した上で無期契約し、適所適材を実現していくことこそが重要なのである。厚生労働省の研究会報告書においては、「多様な正社員」を導入する目的として、人材の獲得・補充や定着・モチベーション、人件費の削減・適正化、女性活用、技術の継承、拠点・店舗の維持などが挙げられている。人口減少などによって国内市場がシュリンクする中、企業の維持・安定のためにも「多様な正社員」は重要な施策として導入されているのだ。

>>次ページは 「多様な正社員」への人材マネジメントの在り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加