ホーム > 調査・提言 > 今こそ、企業の包容力(1) 人の成長を待つ余裕を持つ

調査・提言

一覧へ

- 解説

2015.06.10

今こそ、企業の包容力(1) 人の成長を待つ余裕を持つ

人の成長カーブ

もう昔話だが、大学生だった私はコピーライターを志し、コピー塾に通っていた。そこである日、講師の先生がボールペンで無造作に書かれた線の紙を見せた。

成長カーブ_500

これ(上図左)は、コピーライターとして成功するかどうかを描いた線だという。線の一本一本がコピーライターとしての成功を目指す人を表している。

なんの苦労もなく伸び行く人もいれば、長いことくすぶっていてある日とつぜん芽を出す人もいる。うまく伸びているように思えていたが急に成長が鈍化してしまう人もいるし、最初からダメでそのまま消えていく人もいる。先生は、そんな話をされたように思う。私は社会人経験のない当時だったが、人の成長には違うカーブがあり、時には成長速度が間に合わず、ゴールできないことだってある、ということに驚きはなかった。ただ、単純な線で描かれた“ヒトの成功と失敗”に重みを感じた。

あの絵にあるのは、包容力?

それから20年もの月日が流れたが、ふとあの“線”のことを思い出した。私は求人広告会社に就職し、希望の広告制作を始めたが、結局コピーライターではなく人材サービス営業、人事、コンサルタントと、人事の世界へ入っていった。

かつての“線”は、私にとって “成功への厳しさ”を示すものだった。しかし、今見直してみると “厳しさ”と感じていたものが、“包容力”にすら感じる。左右の欄外に外れゴールできない線もあるが、それでもまだたくさんの曲がりくねった線が残っている。欄外に外れそうになりながら、ギリギリのところで粘り、ゴールに辿り着く線すらある。様々な成長の仕方を包容している温かさ、気長さを感じる。当時教えられたクリエイターの世界より、私たちが経験してきたサラリーマンの世界は厳しいということか。

サラリーマンサラリーマンの世界は、あれ以降の20年間で大きく変わった。90年代後半から多くの日系企業が成果主義を導入し始め、2000年頃ピークを迎えた。目標管理による達成度判定を評価に反映する会社は、今では9割近くになっている(※1)。そして、達成度評価から、ハイパフォーマやローパフォーマが露わになった。日本経済が低迷する中、成果主義がコストカットの口実に使われた部分もある。左右にうねっていた線たちは、その時代をどのように過ごしてきたのだろうか。改めて、あの線たちを思う。

「イノベーション人材が足りない」、「仕組みにとらわれない人がほしい」、最近あちこちでこの台詞を耳にするが、私たちが切り捨ててしまった中に、この人たちがいたのではないか。ハイパフォーマ・ローパフォーマは、ある一瞬を切り出した場合の区分にすぎない。時が経てばかつてのハイパフォーマがローパフォーマになり、ローパフォーマがハイパフォーマになっているかもしれない。しかし、私たちには、それを待つ包容力がなくなってしまったのかもしれない。

(※1)『人事評価制度の最新実態』2014年9月12日発行 労政時報本誌 3873号 078頁
“「①目標管理による達成度判定を反映した評価体系」で、一般従業員86.2%、管理職89.8%となっている。”

>>次ページは 曲がりうねった線

  • このエントリーをはてなブックマークに追加