ホーム > 調査・提言 > 【覆面座談会】女性の活躍を阻むものは何か~女性活躍推進担当者の本音から探る

調査・提言

一覧へ

- 対談

2015.05.27

【覆面座談会】女性の活躍を阻むものは何か
~女性活躍推進担当者の本音から探る

女性の活躍によって企業や経済を活性化させるべく、2020年に指導的立場の女性割合を30%にするといった数値目標が政府から打ち出された今、各企業ではどのような取り組みが進み、どのような課題があるのだろうか。様々な業界で女性活躍を推進する企業の担当者にお集まりいただき、日々の取り組みの中で感じている本音を語っていただいた。

ヘッダー2

Aさん(百貨店業)
「グループ人事の担当です。特に女性活躍推進の専門部署があるわけではないので、自主的に勉強し、人事施策に生かしています」
Bさん(金融業)
「当社も女性活躍推進の専門部署はありませんが、重要な施策であることは間違いないので皆で自主的に活動しています」
Cさん(小売業)
「ダイバーシティ担当として日々、女性活躍推進に取り組んでいます」
Dさん(運輸サービス業)
「最近、女性活躍推進の専門組織ができました。その新部署で、自分自身も育児と仕事を両立しながら様々な施策に取り組んでいます」

制度はあるが運用がうまくいかない

―みなさんの企業では現在、女性活躍推進について具体的にどのような取り組みをされていますか?

Aさん 当社は昔から女性が多い職場で、育児などの両立支援はしてきました。最近では、育休中に参加できるセミナーの開催や、復帰後に土日だけフルタイムで働ける制度など、なるべく早くフルタイム勤務に復帰していただくための支援制度を整えています。

Bさん 当社はこれまで女性の定着率改善のための育児両立支援や、マネジャー層の女性比率を上げる取り組みを行ってきました。最近では、男女問わず育児・介護をはじめ自分のライフイベントに合わせて一時的な降格を選択できる制度を整えるなど、制度はかなり充実していると思います。一定成果も出てきており、今後の課題は、部長クラス以上の女性の割合を増やすことです。

座談会_1

Cさん かなり以前から会社としてダイバーシティに力を入れてきました。しかし、小売業ならではの長時間労働がネックとなって、育休制度はあっても復帰する自信がなく辞めてしまう女性がまだまだ多いです。積極的に女性を管理職登用してはいるものの、管理職に向いていなかったときにキャリアを一時的に元に戻せるような制度が整備できていないので、一度管理職になると辛くても耐えるしかないという課題が生じています。

Dさん 当社は育児両立支援の制度は非常に充実しており、育休取得者も復職者も多いです。しかし、そうした女性たちが復帰後に管理職登用され、本当に活躍できているかは疑問です。いまだに長時間勤務できないと急なトラブルにも対応できないという不安や周囲への遠慮から、時短勤務の方を中心に女性は昇進に手を挙げにくいのが現状です。

>>次ページは 【課題1】職場マネジメントの在り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加