ホーム > 調査・提言 > ミドル躍進に向けて

調査・提言

一覧へ

- 解説

2014.05.13

ミドル躍進に向けて

ミドルとは

2020年、日本の労働者の2人に1人が「45歳以上」になるといわれている。明治大学の野田稔教授は著書『中堅崩壊』の中で、ミドルを35歳~47歳の層として定義し、さらにこの層を二等分して35歳~41歳をミドル前期、42歳~47歳をミドル後期としている。本誌対談において法政大学大学院の諏訪康雄教授は、70歳まで企業で働く社会が現実のものになろうとしている昨今において45歳が人生の折り返し地点である、とおっしゃっていた。45歳をキャリアの節目とするならば、これからはミドル前期を35歳~44歳、ミドル後期を45歳~54歳と定義することが望ましいとのことであった。

【図表1】45歳をキャリアの節目としたときのミドル期

middle_45

キャリア理論で高名な学者達は、このミドル期を体力面では少しずつ下り坂に入る一方、知識・経験・人脈といった面では上り調子で、人生全体において最も力を発揮しやすい時期であると主張している。つまり仕事スキルの習得もさることながら、会社での自分の立ち位置や組織、人事制度などを理解・活用し価値を創出している頃合である。またこの時期に自分の今までの経験をどう統合するか、一緒に仕事をしている人達とどう過ごすかで、人生後半のキャリアに大きく影響するとしている。

次ページ>> ミドルのキャリア成果を高めるキーファクターとは・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加