ホーム > 組織・人事コンサルティング > コンサルティングメニュー > グループ人事戦略企画

コンサルティングメニュー

グループ人事戦略企画

M&Aが活発化する昨今、グループ人事の方針を検討する企業が増えています。パーソル総合研究所では、グループのあるべき姿に向かって、ソフト面(グループ思想、親子孫会社の果たすべき役割)やハード面(親子孫会社の機能別分担、諸規程・ルール)をどうすべきか、経営陣の意思決定を支援しながら形にしていきます。

■概要

ロイター通信によると、2014年、日本企業によるM&Aは11.7兆円と、前年比で10%も増えています(※1)。少子高齢化で国内市場の成長が鈍化してきている中、保険会社、飲料会社、通信会社など、「国内市場」のトップ企業が、国内を再編し、海外で勝負に出始めています。M&Aなどでこれまでの統制が利かなくなった企業様からは、「グループ人事の運営方針/人事ガバナンス方針を考えたい」「本社が行うタレントマネジメントの範囲を定義したい」などのご相談が増えてきています。

パーソル総合研究所では、こうしたご相談に対し、『グループ人事戦略企画』、『人事ガバナンス設計』といったサービスでお応えしています。過去の実績を踏まえ、論点となる事由、意思決定の段取り、人事機能の区分や用意すべき制度・ルールなどのノウハウを保有していますので、これらのノウハウをもとに、グループのあるべき姿に向かって、ソフト面(グループの思想、親子孫会社の果たすべき役割)やハード面(親子孫会社の機能別分担、諸規程・ルール)をどうするべきかを、経営陣の意思決定を支援しながら形にします。

(※1)『焦点:15年の日本企業M&Aは国内増加も、政府のROE重視追い風』(ロイター、2015年1月14日)


groupjinji_1_700

■コンサルティングプロセス例

  • ・グループ人事方針の策定・浸透の大きな流れは上記のようになりますが、実際のスコープによりプロセス・スコープが変わります
  • ・経営者との意思決定プロセス、ステークホルダーなどを確認しながら、個別にプロセスやスコープを確認します


■具体的なテーマ/サービス例

  • ・人事ガバナンス設計のフレームワークのご提供
  • ・人事ガバナンス設計のアドバイザリー
  • ・親子孫会社の人事役割分担の整理
  • ・グループ共通人材の人事制度設計、人事ルール設定
  • ・組織設計


■事例・実績

  • ・人事ガバナンス設計(上層概念の設定~ルール設計)
  • ・海外法人の最終決定機関(取締役会)の人材配置ルール設計
  • ・人事制度のグループルール設計

 

 

small_button07_toiawase_01
こちらのフォームよりお問い合わせください